学会発表実績

学会発表 合計 32 題(演者 16 題,共同演者 16 題)

2000年より前の学会発表実績はこちら

2007 年度発表 1題 (共同演者1題)

32. ○星野睦代,大槻昌幸,大森かをる,佐藤 孝,田島菜穂子,椿 智之,東光照夫,永瀬佳奈, 古谷彰伸 ,久光 久,田上順次

ホワイトニングコーディネーター制度-受講者アンケート結果-

 第 18 回日本歯科審美学会・第 26 回日本接着歯学会 合同学術大会.

歯科審美第 20 巻 2 号 p148 . 2008 .

[H19 . 11 月 17 , 18 (土,日)九州大学医学部百年講堂および同窓会館. ]

ページのトップに戻る

2006 年度発表 1題 (演者1題)

31. ○ 古谷彰伸 ,割田研司,川和忠治,浦井康恵,鶴田陽子,久保田雅人,

スプリントを応用した早期,機能及び審美回復の臨床

 第 17 回日本歯科審美学会学術大会.歯科審美第 19 巻 2 号 p118 . 2007 .

[H18 . 10 月 14 , 15 (土,日)昭和大学歯科病院美容歯科.品川区立総合区民会館きゅりあん ]

ページのトップに戻る

2002 年度発表 2題 (演者2題)

30. ○ 古谷彰伸

審美修復材料 GC グラディア In の形成,自分で簡単製作,接着

 昭和大学歯学部同窓会・東京城西支部学術講演会

[H15 . 7 月 5 日(土)昭和大学歯学部同窓会・東京城西支部.京王プラザホテル ]

29. ○ 古谷彰伸 ,谷口詩穂,勇崎美智代,佐川美雪:

試作 口腔外バキュームの臨床.

 第 11 回千葉県歯科医学会. Program and Abstracts of Papers , P81 . 2003 .平成 15 年

 [ H15 . 2 月 9 日(日)千葉県,千葉県歯科医師会.幕張プリンスホテル・プリンスホール]

ページのトップに戻る

2001 年度発表 1題 (共同演者1題)

28. ○堀田康弘,李 元植,小林幸隆,小澤 篤,藤原稔久,宮崎 隆,

古谷彰伸 ,割田研司,川和忠治:

コンピュータ支援による補綴物の自動製作に関する研究(第 16 報) - 切削加工したセラミックの表面処理 - .

 第 37 回日本歯科理工学会学術講演会.抄録集. 2001 .平成 13 年度春期

 [ H13 . 3 月 31 , 4 月 1 日(土,日)日本大学歯科理工学講座,日大商学部(祖師ヶ谷大蔵)]

ページのトップに戻る

2000 年度発表 1題 (演者1題)

27. ○ 古谷彰伸 ,川和忠治:

磁性アタッチメントにより義歯の維持,安定と審美性が得られた症例.

 第 11 回日本歯科審美学会学術大会.抄録集 p71 . 2000 .

 [ H12 . 9 月 23 , 24 日(土,日)北海道医療大学 1 補,北海道歯科医師会館]

 

2000年より前の学会発表実績はこちら

ページのトップに戻る