院長ブログ

« 2008年10月 | | 2008年12月 »

佐倉臨床研究会(2008.10/18土・秋場歯科医院)

㈱ヨシダ製品の講習会がありました.効率的な(早く確実な)歯の神経の消毒法についてです.

佐倉市の開業歯科医の有志が月1回集まり,臨床技能向上のため勉強会を開いています.

私の所属している千葉県印旛郡市歯科医師会佐倉地区には優秀な先生が多く,いつも刺激を受けています.

お互いに能力を高めあってそれぞれの医院の患者さんの幸福に貢献できればよいですね.

佐倉市 勝田台 歯医者 勝田台フルヤ歯科 勝田台の歯医者

ページのトップに戻る

 

第99回 東葉臨床医学セミナー(2008.11/14 ウィシュトンホテルユーカリ)

横浜の日本歯科医学総会の後でしたが,地元佐倉市で開催された東葉臨床医学セミナー(私の父親が代表)に出席しました.

座長・日本医科大学千葉北総病院 脳神経外科 主任教授の小林士郎先生のもと

講演は

①帝京大学ちば総合医療センター放射線科教授 大久保敏之 先生の『脊椎・脊髄のMRI - 鑑別診断と撮影法 - 』

②愛知医科大学脳神経外科 主任教授 高安正和 先生の『腰部脊柱管狭窄症に対する神経外科的治療』

の2題でした.特に高安先生の脊椎の低侵襲手術のライブ映像は衝撃的でした.

手術の技術,技法は画像診断法の開発とともにどんどん進化していますので,われわれ歯科分野の手術でも負けないように努力していこうと思いました.

佐倉市 勝田台 歯医者 勝田台フルヤ歯科 勝田台の歯医者

ページのトップに戻る

 

第21回 日本歯科医学総会・日本デンタルショー2008(2008.11/14-16 パシフィコ横浜)

11/14(金)を休診にして当院の矯正歯科担当の久保田雅人先生の開業オフィス(横浜市都築区横浜市営地下鉄センター北駅前・アリビオ矯正歯科クリニックhttp://www.alivio-ortho.com/)をスタッフ全員と見学しました.

パナホームが作った通常住宅風の勝田台フルヤ歯科と違い,洗練されたデザイナーズオフィスのような雰囲気でポスターが1枚も貼っていない美しい内装が特徴でした.改装のときには考えなきゃいけないと思ってしまいました.

その後パシフィコ横浜で開催された日本歯科医学総会に出席しました.

(日程が重なってしまい大変でしたが夜7:00に地元佐倉にもどり,第99回東葉臨床医学セミナーにも出席しました.)

スッタフは併催の日本デンタルショーで日ごろ使い慣れた材料や新材料,歯ブラシなどを直接開発メーカー担当者から詳しく説明を聞いてまわりました.

佐倉市 勝田台 歯医者 勝田台フルヤ歯科 勝田台の歯医者

ページのトップに戻る

 

早く確実な根管拡大と充填 講習会(2008.11/9モリタ東京本社)

鶴田陽子 副院長と椎名美和子 先生が日本大学松戸歯学部歯内療法学教室 松島潔 教授の講習会および実践研修をしてきました.

歯の中には神経とともに動脈,静脈など血流もあります,むし歯などで汚染や刺激が加わると神経内(歯髄腔といいます)で炎症がおきて激痛や神経が感染で死んでどろどろの状態になることがあります.

歯のなか(歯髄腔)をキレイにしないと痛みや腫れが治らず歯を失う原因になります.

勝田台フルヤ歯科では歯髄腔の長さを正確に測定しながらキレイにしていく日本の㈱モリタ特許製品のデンタポートが2台,初期型のトライオートが1台が毎日活躍しています.

研修を受けた2人の先生をはじめ歯科医療技術をますます高度にして,よりよい予後になるように頑張っていきます.

佐倉市 勝田台 歯医者 勝田台フルヤ歯科 勝田台の歯医者

ページのトップに戻る

 

佐倉市在宅歯科講演会(2008.10/8(水)佐倉市健康管理センター)

佐倉市と佐倉地区歯科医師会主催の在宅歯科講演会に役員として出席しました.

 講師は日本歯科大学(東京・飯田橋)准教授で口腔介護・リハビリテーションセンター長の菊谷武 先生でした.

介護の現場ではいかにむせないように食べさせるかが重要になってきます,噛む能力が落ちてきますと普通の人と同じものは噛めません.

今まで医師も歯科医師も看護職や介護職そして家族の方も歯さえ治せば,よい入れ歯さえ作れば再び食べられるようになるはずと思い込んでいました.しかし菊谷先生の内視鏡による嚥下機能検査でしっかり噛んでいるように見えても,その食片を適切に食道に送り込めない方が多いことがわかりました.

むせることが多いと気管支や肺に食片が入る「誤嚥(ごえん)」で肺炎をおこしたり,窒息の危険性も増します.

その人に合わせた摂食指導(どういった食べ物をどのような状態で食べさせるか)が大切ですがとても難しく重要な分野であることがわかりました.

当院では在宅診療は行っていません,しかし超高齢化社会に急激に変化しているこれからは検討課題になると感じました.

なお,当日は在宅・訪問診療を積極的に行っている宍戸内科医院の副院長 宍戸英樹先生も出席され熱心に質問をされていました.

英樹先生の奥さん(宍戸智子さん)は在宅医療コーディネーター・看護師で毎日忙しく在宅・訪問診療チームの一員として活躍されています. 臼井地区で在宅診療(内科)を希望,相談したい方は連絡してみてはどうでしょうか? 宍戸内科医院(京成臼井駅前http://www.sisido.jp/index.html

 

 

 

佐倉市 勝田台 歯医者 勝田台フルヤ歯科 勝田台の歯医者

ページのトップに戻る